富士山人blog

富士山人日記
そもそも豊かさとは何か?
日本経済新聞の「私の履歴書」は、現在、第79代内閣総理大臣や熊本県知事を務めら、肥後細川家第18代当主である細川護煕さんが執筆されております。1月14日の13回のタイトルは「行革審入り」というものでしたが、その中に大変興味深いというか、「あっ、良いな!こういう考え方」というところがあったので、まずはその箇所の抜粋を。

「審議会でまず最初に議論になったのは、そもそも豊かさとは何かということだったが、ちょうどそのころに読んだ「パパラギ」という本にあった話が面白かった。20世紀の初め、ヨーロッパに招待されたサモアのある大酋長が島に帰って「ヨーロッパ文明とは何であったか」を島民に報告する。酋長の考えでは物には二つあって、ヨーロッパ人の言う物とは自動車とかテレビなど人間が作った物だが、もう一つ神が作りたもうた物というのがあって、それは美しい星空やきれな砂浜、おいしい魚などだ。そういう物は我々の方がはるかに豊かで、自分たちの文明が物に関して貧しい文明だとは思っていない。と」

このサモアの酋長の説明を聞いて、確かに!と思う。最近は「格差」というキーワードをよく見るが、バブル以降の日本は「総中流階級」と言われていた。サモアの酋長がいう1つの物の面に関しては、豊かになったのだろう、表面的には。一方で、自然破壊などでもう一つの「物」、神が作りたもうた物は確実に失ったのだが・・・。

人間が作った物で、人間は本当に「豊かさ」を感じられるのだろうか?経済学の始まりを思い出すと、「資源は有限である。人間の欲求は無限である。その有限の資源をいかに有効活用して分配していくか?」だった思う。どんな高級車を買ったとしても、古くなり、隣人がもっと良い車を買ったとしたら「豊かさ」を維持することは出来るのだろうか?結婚生活においても同じことが言えるかもだが・・・。どんなにキレイな奥様と結婚しても、古く・・・。ちなみに私は結婚生活においては「豊かさ」を維持しておりますが・・・。

「豊かさ」とは、物欲に求めるものでは無く、もっと違う精神に宿るものだと思うのだが・・・。答えを見つける旅に出たいと思います。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2010-01-14 11:09 | 日記
朝霧JAM
久々のフル参戦・・・。土曜日は忙しい天気でしたが、日曜日は快晴。ビールもよく売れたそうです。

日曜日の朝一はこんな感じ。
e0011084_10572252.jpg

仕事にボランティア、途中の少年野球観戦などで忙しい2日間でしたが、充実の週末でした。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2009-10-15 10:59 | 日記
朝霧JAM Week
いよいよ朝霧JAM週間!!!

スマッシュの朝霧JAMオフィシャルページには、『富士山に初冠雪が降り、夕暮れ時には美しい「赤富士」が観られるこの時期にドライブとキャンプを楽しみ・・・』と紹介されておりますが、近年の朝霧JAMは初冠雪がある前の開催が続きました。 地球温暖化の影響なのか・・・。

しかし、本日、写真のように雨雲の切れ目から富士山頂が顔を出すと「雪が!」
e0011084_1550616.jpg

今年の朝霧JAMは台風一過の晴天が期待出来そうですが、朝晩は冷え込みそうです。インフルエンザも流行っておりますが、JAMでは風邪などひかず体調管理を万全に楽しんでいただきたいと思います。

台風の影響で富士山大沢崩れの崩落がるかもしれません。JAM会場からは大沢崩れが正面に見えます。土煙があがったらゴロゴロと岩が崩れる音が聞こえるかと思います。この崩れは富士砂防事務所が管理する大沢扇状地を経て、潤井川へ、そして、田子浦港へ続きます。大量の土砂をせき止める富士砂防事務所の存在意義を改めて痛感することが出来るかと思います。


いろんなことを感じながら楽しむことが出来る朝霧JAM。そんな朝霧JAM会場でお会いできるのを楽しみにしております。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2009-10-07 15:50 | 日記
今年も山頂までの開通困難
静岡新聞・岳南朝日新聞の報道によると、静岡県側の3登山道(富士宮口、御殿場口、須走口)について、残雪量が多いため、7月1日のお山開きの際に山頂まで規制解除するのは難しい模様、富士宮口から山頂まで登山できないのは4年連続となるようです。
7月1日午前0時には、
富士宮口:8合目まで
御殿場口:6合目まで
須走口:新5合目まで
が、開通する予定。
又、富士山スカイラインのマイカー規制について規制開始・解除時間が今年から変更されるそうです。
規制期間:7月17日~20日、8月7日~16日、8月21日~23日
規制開始・解除時間:午後5時
[PR]
# by fujiyamanchu | 2009-06-26 10:09 | 日記
2009年度富士山検定
今年の富士山検定の3級試験(紙面検定)が、6月28日、7月5日、7月12日の静岡新聞と山梨日日新聞に25問ずつ計75問が掲載されます。

チャレンジしたい方はお忘れなく!
[PR]
# by fujiyamanchu | 2009-06-09 19:26 | 日記
土石流の恐れ
国土交通省富士砂防事務所の富士山大沢崩れ本年度体積土砂量調査結果によると、体積土砂量は昨年度の調査から37,000㎥増え、約323,000㎥となったそうです。この調査は、毎年航空機を使って堆積した土砂をレーザー計測して算出し、源頭部では新たな土砂崩壊の前兆の可能性がある幅10~30cmの開口亀裂も見つかったようです。
32万3千立方メートル。ダンプ何杯分なのだろう?ダンプ1杯を8㎥としても、4万台以上・・・。一度に全てが崩れることはないとしても注意が必要です。

㊨平成16年12月土石流発生直後 ㊧平成20年11月
e0011084_162337.jpg


参照:静岡新聞、2008年12月6日
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-12-12 16:17 | 日記
富士山スカイライン富士宮口冬季閉鎖
日刊岳南朝日新聞によると、富士山スカイライン富士宮口が下記詳細にて閉鎖されるようです。

閉鎖区間:富士山スカイライン登山区間富士宮口(県道富士公園太郎坊線)富士山新2合目ゲート~新5合目
閉鎖期間:2008年11月25日(正午)~2009年4月下旬

積雪や路面凍結のため通行が危険になったためで、天候によっては早まる可能性もあるとのこと。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-11-14 11:30 | 日記
冠雪
今年はなかなか富士山に雪が積もらないな~と思っていたら11月11日に山頂付近に積雪が。e0011084_10514515.jpgまた解けてなくなってしまうかな~と思っていたら、翌日の12日には雨が降り、写真のような虹が。
e0011084_10532412.jpg
13日には快晴の下、雪化粧した富士山がくっきりと。暫くは毎日違う富士山が見れるかな・・・。
e0011084_10522757.jpg

[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-11-13 10:54 | 日記
富士宮グルメ
富士山ネタからは離れてしまいますが、富士宮ネタを。11月1日から福岡県久留米市で開かれた「B級グルメ」の日本一を競う「B-1グランプリ」。2連覇を達成し、3連覇を目指した「富士宮やきぞば」ですが、残念ながら神奈川県厚木市の「厚木シロコロ・ホルモン」にその座を譲ってしまいました。2位は青森県八戸市の「八戸せんべい汁」、3位は岐阜県各務原市の「各務原キムチ鍋」だったそうです。
週に1度は必ず食べる「富士宮やきそば」には復権してもらいですが、富士宮にはその他にも美味しいものが・・・。あまり知られていないようですが、富士宮市は虹鱒の生産量が日本一です。その虹鱒を使った鱒寿司。その名も「MASCOT CUBE」。e0011084_11521015.jpg食べ易く工夫されていて、これまた上手い。「富士宮やきそば」と「MASCOT CUBE」でB1グランプリを争う日が楽しみです。
e0011084_1152363.jpg

[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-11-03 11:53 | 日記
富士山大沢崩れブロックで土石流抑止
国土交通省富士砂防事務所は、30日、富士山大沢崩れ源頭域調査工事の一環で平成19年度から行っている「ブロックスクリーン工」設置現場を報道公開したそうです。写真は、10月31日の静岡新聞に掲載されていたものです。e0011084_10155043.jpg記事によるとコンクリート製のブロックを大量に積んで土石流などを抑止する。来年度までに計約1500ケのブロックを設置する見込みだそうです。又、この工法では、土石流の原因となる降雨をブロックのすき間から速やかに排水できるのが特徴で、ほとんどの工程をヘリコプターで施工するため、危険な大沢崩れの底部に作業員が立ち入らなくても済むなどの利点があるそうです。
最初にこの写真を見た時は、「富士山も由比や蒲原の海岸線のようにブロックが積み重ねられてしまうのか・・・」でした。しかし、昭和57年から始められた大沢崩れの拡大を防ぐ調査で開発された工法です。これしかないのかな・・・とも。
大沢崩れは、潤井川へとつながり富士市の田子浦港にそそいでいます。過去、台風や土石流が発生した際には田子浦港に大沢崩れからの土砂が入り、漁業や船舶の往来に支障を来たしたと聞いております。現在は、富士山の西麓の大沢扇状地にて土砂の下流域への排出を防いでいるのでこの類の被害を聞いたことがありません。しかしながら、その大沢扇状地からは年間トラック数万台分の土砂が運び出されております。これは大沢崩れ崩落の減少を意味しているのではなく、何とか対応策で被害を出さずにいる状況を表しています。大沢扇状地で災害を防ぐための対応がまず取られました。このブロックスクリーン工は大沢崩れの拡大を防ぐ根本的な問題へ取り組む第1歩のように感じます。

参照:静岡新聞、10月31日、「大沢崩れ ブロックで土石流抑止」
参照:国土交通省富士砂防事務所
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-11-01 10:12


by fujiyamanchu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
関連リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧