富士山人blog

富士山人日記
日本の温暖化対策 先進国で最低
温暖な富士山南麓にも何年ぶりかで雪が積り、「地球温暖化」が実感出来ていないこの頃ですが、凍結マンモス・リューバが見つかったシベリアでは凍土が急速に融解しているとの記事が1月19日付静岡新聞夕刊に掲載されておりました。
記事によると、地球温暖化による北極域の気温上昇で、森林の異常や、冬に河川の水が増える現象などが既におきており、シベリア東部3地点の地下3.2mの年平均温度は、1970年の氷点下2.8度から2004年の同2.6度までは穏やかな上昇だったが、2005年は同1.8度、2006年は同1.5度と急上昇しているようです。大気循環が変わって日本の異常気象につながる恐れもあるとのこと。
その日本、残念ながら対策が遅れているようで、1月20日付の静岡新聞には「日本の温暖化対策 先進国で最低」との見出しが・・・。エネルギーの使用効率が世界でトップレベルとされていた日本は、1990年代後半から価格が安い二酸化炭素を多く排出する石炭の利用を増やし、又、風量・太陽光などの自然エネルギーの利用拡大も進んでいないのが原因のようです。世界銀行がまとめたデータによると、
先進国の温暖化対策の進捗度
ベスト5
① デンマーク
② ドイツ
③ スウェーデン
④ 英国
⑤ フィンランド

ワースト5
① 日本
② スペイン
③ イタリア
④ ノルウェー
⑤ ポルトガル
となるそうです。
京都議定書の議長国として、この汚名はなんとか返上して欲しいと願っております。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-22 17:26
地元の盛り上がりは大丈夫か?
ご存知の通り昨年の6月末、ニュージーランドで開かれたユネスコ世界遺産委員会は、富士山の暫定リスト入りを報告しました。その6月上旬の日刊岳南朝日に、富士宮市の市政モニター(48人中46人解答)を対象にしたアンケート「富士山の世界遺産登録推進について」の結果が発表されておりました。
・富士山の世界遺産推進に興味がある。:82.6%
・富士山が国内暫定リスト(日本の候補)に登録さていることを知っている:90%以上(42人)
・「文化遺産」として登録を目指していることを知っている:58%(27人)
この結果、世界遺産登録に興味はあるが、世界遺産にも「自然遺産」「文化遺産」「複合遺産」があり、そのなかのどの遺産登録を目指しているのか正しく理解されていない現状が浮き彫りにされたと報告されておりました。
ひとつ気になるのは、前世紀末に富士山が「自然遺産」登録を目指した際、静岡・山梨両県で約280万人の署名が集められたと聞きましたが、今回はそのような「地元の盛り上がり」があまり感じられないことです。なにかトップダウンでことが進んでいるような・・・。又、これは、私達のような地元の「富士山大好き人間」の活動不足なのかと反省するところでもありますが・・・。
行政サイドでは、世界文化遺産に正式に登録されるための機運をさらに盛り上げるために会議や講演会などを企画しているようですので、私どもも地道に頑張っていきたいと思っております。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-15 10:58 | 日記
このまま温暖化が進むと・・・
ここ数日ポカポカ陽気が続き、春のような気温ですが日本経済新聞には背筋が凍るような寒い記事が掲載されておりました。1月9日付の新聞の見出しに「日本の平均気温 今世紀末、最大4.7度上昇」とありました。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が使った予測モデルを国内に当てはめた結果だそうです。
このまま対策も進まなければ被害は深刻なものになり、日本への悪影響も懸念されております。その影響を上げてみると、
・大気中の湿度が高まり豪雨が多発、沿岸部などでの洪水被害が広がる。
・西日本を中心に米や大豆などの収穫減少。
・リンゴやミカンなどの果実も害虫被害で収穫減少、北海道などが産地に。
・35度以上の猛暑日が増え、熱中症になる人の増加。
・夏の気温上昇で花粉の発生量が増え、アレルギー患者増加。
・マラリアを媒介する蚊などの生息域が北上し、感染症の拡大。
・海面が1m上昇すれば、東京や大阪など沿岸部を中心に約2400平方キロ㎞、約450万人が浸水の被害を受ける。
・スキー場は雪不足に陥り、開業が困難になる。
・サンゴが死滅してしまう白化減少が進行し、観光客が減少。
などなど。
世界に目を向けても、
・グリーンランドや南極の氷が解けて世界の海面が最大59cm上昇。
・沿岸域の湿地が世界で約30%失われる。
・大気中の水蒸気が増え、雨が降る地域の変化や干ばつ、水不足。
・森林火災の頻発で二酸化炭素を吸収する森林の減少。
・森林の減少が地球温暖化を加速する。
などなど。
自分達が楽しむことが出来た海水浴、スキーやスノボなどは自分の子供の子供は楽しめるのだろうか?孫を連れて海水浴など行けない世の中になっているのだろうか?海があり、山がある静岡県の自然は?出来れば今のままの状態で残してあげたいと思います。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-10 14:52 | 日記
太陽光発電
昨年末から新年にかけての新聞記事を読むと「地球温暖化対策」という文字がどの新聞でも目に付いたように思います。2008年が京都議定書の第1約束期間であり、暫くはこれが今年のキーワードになるような・・・。世界各国が協調する責任と重みを感じ、温暖化対策に向けての力強さも感じられるように思います。e0011084_154377.jpg
昨年末の静岡新聞には「太陽光発電1400万目標」「2030年、全世帯の3割」という見出しが躍っておりました。政府は昨年12月30日に地球温暖化対策の一環として、太陽光発電の普及を進めるため、一般住宅への太陽パネル設置を現在の約40万戸から、2030年までに全世帯の3割に当たる1400万戸に拡大する方針を明らかにしたそうです。太陽光を電気エネルギーに変える太陽電池を屋根などに設置し発電するシステムで、温暖化につながる二酸化炭素や騒音が発生せず、設備の寿命も長く、エネルギー消費の抑制と温暖化対策に役立つことから、日本だけでなく各国が普及を進めているようです。
株価が低迷する中、太陽光発電関連の株だけは上がっているんだろうな~と思いつつ、株式欄を見る気にもなれないこの頃です。
3日に「ふじてん」へスキーに行って来ましたが、今年は雪が多いような。子供達が、その孫も、いつまでも身近でスキーが楽しめるような地球であって欲しいと思います。
e0011084_1542244.jpg
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-08 14:55 | 日記
富士山溶岩に亀裂
「剣ヶ峰、崩落の心配」「富士山溶岩に亀裂」こんな見出しの記事が2008年1月5日付静岡新聞(夕刊)1面トップに掲載されておりました。富士山頂の剣ヶ峰の溶岩の一部に亀裂が入り、山岳関係者が崩落の危険性を指摘しているそうです。この溶岩上で御来光を拝んだりする登山客も多く、又、その溶岩の下部は「お鉢巡り」のルートに接しているため事故防止策が必要と提唱されておりました。
亀裂ができた時期、原因などは記述されておりませんでした。地球温暖化となにか関係あるのかな?と考えて見ましたが、過去、他の場所で同様な現象から溶岩が崩れた例もあるそうです。 温暖化との関係はあまりなのかもしれません。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-07 00:44 | 日記
「リューバ」公開で思うこと
今年2008年は、地球温暖化ガスの排出を抑制する最初の1歩である京都議定書の第1約束期間を迎える。京都議定書の目標は、温暖化を食い止め気候を安定化させるという究極の目標に比べれば、本当にささやかな1歩であるそうです。地球規模の気候安定化のためには、先進国は現状の50~70%以上の排出削減が必要であるようですが、京都議定書の目標は2012年までに1990年比で欧州が8%、日本が6%の温暖化ガス排出を削減するというものです。この目標をクリアするのも決して簡単では無く、各国は試行錯誤を繰り返しおりますが、代替エネルギーとして注目されるバイオマスなども農産物の高騰など弊害も引き起こしているのも事実だと思います。
そんななか、火力発電所や工場から排出されるCO2を資源とし樹脂を作る技術、穀物などの食べない部分を利用した植物原料でエタノール燃料を作る技術が実用化に向け研究されているようです。温暖化を止める技術は芽吹きつつあるようですが、特定の産業が壊滅的な打撃を受ける前に実用化出来るか?技術者・研究者には一刻も早く実用化を!をエールを送るばかりで無力な自分が情けない・・・。
地球温暖化を止めるために国際社会が合意し、実行している最中、ロシア・西シベリアの永久凍土から凍結した状態で見つかった生後約半年の雌マンモス「リューバ」の公開が1月2日から、東京・丸の内ビルディングのマルキューブで始まったようです。昨年5月に見つかり、約3万7000年前のものと推定されるリューバは、体重約50キロ、体長約120センチで、零下18度のケース内に展示されているようです。 この展示を古代生物の単なる展示と見るか、地球温暖化がなければ出会うことのない、異変を認識するためのメッセンジャーととるべきか、どうも後者のような気がしてならない2008年の年明けでした。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-05 00:03 | 日記
循環型社会が・・・
明けましておめでとうございます。
新年早々ではありますが、気になる記事があったので。

静岡新聞によると、食品トレーやレジ袋などのプラスチック製容器包装の回収が、沼津市で危機に陥っているそうです。再商品化を請け負う日本容器包装リサイクル協会の適合検査で2度にわたり受け取りできないレベルと判定されたためで、沼津市では正しい分別を再度呼び掛けるとともに、処理施設のラインを改善し対処する方針だそうです。分別回収開始から時間がたち、当初の啓発の効果が薄れたのが原因と推測されており、原料リサイクルは時代の流れ、ぜひ理解と協力をお願いしますと訴えているようです。
原料としてリサイクルすべきものがリサイクルに回されず、本来なら乳牛の飼料になる穀物などがバイオ燃料の原料に回され、酪農家は悲鳴を上げている・・・。ん~、循環型社会の構築が違う方へ行ってないだろうか?やはり何かおかしいような・・・。
話は変わりますが、「バイオ燃料で酪農家が悲鳴」で感じたことなのですが、酪農家の皆様のご理解とご協力で開催させていただいております朝霧JAM。このイベント(FUJIロック含む)でも環境に配慮し、バイオ燃料が積極的に使用されていると伺ったことがあります。酪農家さん達に協力してもらっているのに、酪農家さん達が苦しむ原因のバイオ燃料使用!!!、と思いましたが、朝霧JAMやFUJIロックでは廃油を原料としているのを聞いたことがあるのを思い出しました。折角なら飼料じゃなくてもバイオ燃料の原料になることをもっとアピールしてはいかがでしょう?JAMS’殿。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2008-01-01 23:23
宝永噴火から300年
富士山の三大噴火と言われる貞観・延暦・宝永の大噴火のうち、2007年は宝永の大噴火からちょうど300年にあたります。1707年12月の昼頃に富士山南東5合目標高2500m付近から始まり、約16日間続いたと言われております。溶岩をほとんど噴出しなかったようですが、大量の火山灰を噴出し、風に乗った灰は約100km離れた江戸でも積もったようです。火口は3つにまたがり、宝永山もその際生まれたものです。火口は東海道新幹線の三島方面から見ることができます。尚、この宝永噴火以後富士山は噴火していません。
最後の噴火から300年。このまま噴火せずにいて欲しいと願うわけですが、防災意識を高めておかなければならない時なのだと思います。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2007-12-31 13:55 | 日記
富士山初日の出登山には注意を!
軽装や単独行の登山は再考を!2007年の元旦には、7合目・8合目付近でそれぞれ単独行していた3人が滑落、1人死亡、2人が重症を負っています。今年11月には20代の大学生ら4人がジャンパーにスニーカーという軽装で入山し、アイスバーンで動けなくなり、山梨県の防災ヘリコプターに救助されています。冬山登山の装備も基礎知識も無い大学生は問題外だと思いますが、経験のあるベテランでも、冬の急斜面のアイスバーンや突風は命を奪う危険があります。富士山測候所勤務の職員やその生活を支えた強力の方々でさえ、冬の富士山で命を奪われています。
富士吉田口登山道5合目には、富士吉田署の署員が3人待機し、軽装や単独行の登山者がいれば、引き返すよう説得しているようです。2008年のお正月は富士山の事故のニュースを聞かないことを祈っております。
[PR]
# by fujiyamanchu | 2007-12-31 13:26 | 日記
富士山西麓・朝霧高原は大丈夫か・・・
「飼料高騰で酪農家悲鳴」 こんな見出しが2007年12月28日(金)の日本経済新聞(夕刊)に出ておりました。バイオ燃料への利用拡大などでトウモロコシなど飼料の価格が高騰し、全国有数の酪農地帯、北海道東部の酪農家の経営が圧迫され、この状態が続けば離農者が増え、地域崩壊にもつながりかねない危機感が高まっているようです。
餌代などの高騰で利益が確保出来ず、従業員も解雇し、夫婦だけで1日約12時間、休日なしで働くが収益がほぼゼロの状態。子息が牧場を継ぐと言っても、継がせられない状態。釧路・根室地方には約2450戸の酪農家がいるが、後継者不足などによる離農も多く、経営難が離農に拍車を掛ける恐れもあるそうです。コスト増加分として牛乳の店頭価格への転嫁は避けられない状況だが、昨今の消費者の牛乳離れがさらに進む恐れがあると心配されております。
本州最大規模の酪農地帯を抱える富士山西麓の朝霧高原、こちらの酪農家さん達からも同じような悲鳴が上がっています。考えたくはありませんが、この状況が続けば、あの美しい朝霧高原の地域崩壊につながってしまうのではないかと懸念されます。又、日本一の生産高を誇る富士宮市の虹鱒。こちらの養鱒業界からも飼料高騰で経営が大変厳しいという話も伺います。
このような話を伺うと、環境対策が間違った方向へ進んでいるような感じがしてなりません。環境を守るための代替エネルギー・バイオ燃料が実は美しい牧草地を崩壊する原因になりうるかもしれない。湧水を泳ぐ虹鱒の稚魚、水車が廻り、その向こうには富士山が見える美しい風景までもが危機に。一方、バイオ燃料の原料となる穀物が買い占められ、温室効果ガスの排出権もがビジネスになり、利益を上げている会社があること。やはり何かおかしい・・・。環境をビジネスにしちゃいけないんじゃないのかな~と思わずにはいられません。
前回、排出権を購入したエスパルスの話をさせていただきましたが、エスパルスよ!排出権購入はやっぱりキャンセルして、牛乳と虹鱒を買おう!

Source:2007年12月28日(金) 日本経済新聞夕刊16面
[PR]
# by fujiyamanchu | 2007-12-31 01:51 | 日記


by fujiyamanchu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
フォロー中のブログ
関連リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧