富士山人blog

富士山人日記
2005年 07月 09日 ( 1 )
国民会議主催のシンポジウム
7月8日、東京の明治記念館にて、富士山を世界遺産にする国民会議主催のシンポジウム「富士山が世界に誇る文化的価値」が開かれたそうです。
世界遺産には、「自然遺産」と「文化遺産」という二つのカテゴリーがあります。前回、1990年代に240万人もの署名を集め登録を目指したのが「自然遺産」、今回の国民会議は「文化遺産」での登録を目指しています。
もし、もう一つ「精神遺産」というカテゴリーがあったならば、富士山は間違い無く世界遺産なんだろうな~と勝手に思ってしまいました。富士山ほど日本人の心の中に浸透し、精神的に強く結びついている山は無いわけですから。勿論、この精神的なものも含め「文化遺産」としての登録を目指しているのですが・・・。
江戸時代の富士講をはじめ多くの信仰の対象となっている富士。多くの芸術の対象となり、アーティストを魅了し続ける富士。多くの古歌に読まれ、日本人の心のふるさととしての富士。そして、忘れてならない富士山測候所の歴史と強力の存在。やっぱり富士山を「世界遺産」に登録してもらわねば・・・。と強い気持ちが湧いてきます。富士山人も微力ながら「自分達の出来ること」から頑張ります。最終的には、「自然遺産」と「文化遺産」の両方で登録される「複合遺産」を目指しましょう!

by 代表1
[PR]
by fujiyamanchu | 2005-07-09 09:51 | 日記